毎日新聞

熊本地震―被災者への救援金受け付け

 

 

4月に発生した熊本地震に対し、全国の毎日新聞読者の皆さんを中心に東京・大阪・西部の3社会事業団へ多くの救援金が寄せられました。3社会事業団と毎日新聞社は、5月末に救援金第1次贈呈分として7000万円を熊本、大分両県と日本赤十字熊本県支部、地元で活動するNGO4団体に寄託しました。また、8月には第2次贈呈分として8500万円を熊本県に寄託し、これまでの贈呈総額は1億5500万円となりました。ご協力いただきました皆様にあつくお礼を申し上げます。引き続き被災地へのご支援をお願いいたします。


毎日新聞社と毎日新聞西部社会事業団は、熊本地震救援金を受け付けています。

「熊本地震救援金」と明記して郵便振替か現金書留でお送りください。送料はご負担をお願いします。物品はお受けできません。お名前、金額などを地域面に掲載しますので、匿名を希望する方は「匿名希望」と明記してください。

〒802―8651 北九州市小倉北区紺屋町13の1 毎日新聞西部社会事業団「熊本地震」係(郵便振替01770・2・40213)。

3月4日にチャリティー即売展の「年度末展」

 

 

チャリティー即売展

毎日新聞チャリティー「全国寄贈書画・陶工芸品即売展」の年度末展を3月4日(土)午前9時半~午後4時、北九州市小倉北区紺屋町の毎日西部会館5階で開催します。

全国の著名作家から歳末チャリティー展に寄贈された絵画や書、色紙、陶工芸品などのうち、在庫の約1800点を展示・即売します。歳末展の入札作品も含め、さらにお求めやすい値段になっています。年度末展で買いそびれた作品を、ぜひこの機会にお買い求めください。益金は社会福祉事業の資金として活用いたします。

【年度末北九州会場】
日 時:2017年3月4日(土)9時半~16時
場 所:北九州市小倉北区紺屋町13-1 毎日西部会館5階ホール

続きを読む


毎日社会福祉顕彰

 

第46回毎日社会福祉顕彰――2団体1個人を表彰

毎日社会福祉顕彰の表彰を受けた(左から)斎藤友紀雄さん、家常恵さん、植村ゆかりさん、長男・周平さん
毎日社会福祉顕彰の表彰を受けた(左から)斎藤友紀雄さん、家常恵さん、植村ゆかりさん、長男・周平さん

福祉の向上に尽くした個人や団体を表彰する第46回毎日社会福祉顕彰(毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団主催、厚生労働省、全国社会福祉協議会後援)の贈呈式が10月21日、東京都千代田区の如水会館であり、全国各地から推薦された43件の候補から選ばれた2団体と1個人が表彰されました。


続きを読む

15年度の決算など承認、理事長に岩松氏

 

■16年度評議員会と理事会開催■

評議員会

毎日新聞西部社会事業団は5月27日、北九州市小倉北区のホテルで2016年度定時評議員会と第2回臨時理事会を開きました。全員が任期満了となった理事・評議員・監事を選任し、新理事長に岩松城氏=6月24日付で毎日新聞西部本社代表=を選び、15年度の事業報告案や決算案が承認されました。

定時評議員会には、評議員6人と岸本卓也・理事長らが出席。公益財団法人に移行して初めて任期満了となった評議員は全員が重任となりました。理事には、岩松氏のほか北九州市立文学館館長の今川英子氏▽西部ガス北九州支社長の川邊貴俊氏を新たに選任、残る3人は重任となりました。さらに、法律改正に伴う定款の一部改正▽15年度の各種募金の状況や助成・援助などを盛り込んだ事業報告案や決算案なども原案通り可決しました。

続いて開かれた臨時理事会は、理事6人と監事1人が出席。毎日新聞社の人事異動に伴い、岸本氏の後任の理事長に岩松氏を選任、常務理事には引き続き瀬尾健悟理事を選びました。

これらに先立ち、3月18日には、15年度第2回通常理事会を開催。16年度の予算案や事業計画を審議しました。事業予算は15年度を下回り、5500万円規模となりましたが、各種事業については、例年並みの内容で継続することを決めました。

聾学校の生徒ら記録競う

 
第51回九州地区聾(ろう)学校体育・文化連盟大分大会

第51回九州地区聾(ろう)学校体育・文化連盟大分大会(同連盟主催、毎日新聞西部社会事業団など後援)が、大分市の県身体障害者福祉センターであり、9月29日の総合開会式に九州・沖縄のろう学校13校の生徒約230人が参加しました=写真。 続きを読む

小児がん経験者が交流

 

小児がんを経験した子どもたちが交流する「にこスマキャンプ」が8月20~21日、福岡県八女市山内の県立ふれあいの家南筑後で開かれました。

続きを読む

北九州市障害者水泳大会

 
北九州市障害者水泳大会
写真提供:市障害者スポーツ協会事務局


障害者水泳大会に74人

第27回北九州市障害者水泳大会(北九州市、同市障害者スポーツ協会主催、毎日新聞西部社会事業団など後援)が7月10日、同市小倉北区の市障害者スポーツセンター「アレアス」で開かれ、市内を中心に福岡県内から74人が参加、練習の成果を競いました。 続きを読む

山口県アイリンピック大会

  
山口県アイリンピックに2000人
山口県アイリンピック
2000人が競技楽しむ

知的障害を持つ人や児童養護施設で暮らす子供らが運動を通して交流する山口県アイリンピック(山口県など主催、毎日新聞西部社会事業団など後援)が5月21日、山口市の維新百年記念公園で開かれ、約2000人がレクリエーションや競技に汗を流し、楽しい一日を過ごしました。続きを読む

2012年4月1日から公益財団法人に移行

  

財団法人毎日新聞西部社会事業団は2012(平成24)年4月1日、内閣府の公益認定を受け、名称を「公益財団法人毎日新聞西部社会事業団」に変更し、新たにスタートしました。

当事業団は1952(昭和27)年8月、大阪社会事業団の支部として発足し、国際障害者年の81(同56)年5月に財団法人毎日新聞西部社会事業団として独立。これまで読者の皆様に支えられ、社会福祉事業のほか、小児がん征圧事業、海外難民救援事業、国内外の災害救援事業などに取り組んでまいりました。

公益財団法人は事業に公益性が求められる一方で、特定公益増進法人に該当し、寄付された方が税制上の優遇措置を受けることができます。今後とも一層のご支援をお願い申し上げます。

公益 財団法人 毎日新聞西部社会事業団
大きな地図で見る>>
住所


電話
FAX
E-mail
〒802-8651
北九州市小倉北区紺屋町13-1
毎日新聞西部本社内
093-551-6675
093-541-8009
s-maiswf@cotton.ocn.ne.jp