毎日新聞

車いすテニス北九州

熱戦を繰り広げる選手
熱戦を繰り広げる選手

車いすテニス北九州――白熱プレー

「北九州OPEN2017~国際車いすテニストーナメント2017北九州」(毎日新聞西部社会事業団特別協賛)が3月3日~5日、北九州市八幡西区の穴生ドームで開かれました=写真。

大会は1987年に始まり、2009年から国際大会に認定されました。世界ランキング入りを目指す選手の登竜門で、国内シーズン最初の大会として注目されています。2バウンドでの返球が認められる以外、ルールはテニスと同じ。素早く向きが変えられる八の字に傾斜した車輪の競技用車いすが使われます。大会には、国内外の男女71人が参加。選手たちは迅速な車いすさばきでコート内を走り、白熱したプレーを見せました。